FuelPHPの Validationルール

最近、PHPフレームワークは FuelPHPにはまっています。FuelPHPは、とにかく直感的にさくさくと作れるのが魅力的。

また、Validationルールも豊富です。次のようなルールを、すぐに使うことができます。

  • required
    必須チェック

  • required_with
    基本は必須でないが、ある値が入力されたらこっちも必須というルール。
    「姓」と「名」など、セットの項目などで利用できる。

  • match_value
    指定された値と等しいか

  • match_pattern
    正規表現で正しいかを検査

  • match_field
    「メールアドレス」と「確認用メールアドレス」など、2つの入力値が一致するか

  • min_length, max_length, exact_length
    文字列の長さの最小・最大および、文字数指定

  • valid_email, valid_emails
    メールアドレスとして妥当か。カンマ区切りでの複数指定も一気に検査

  • valid_url, valid_ip
    URLとして妥当か、IPアドレスとして妥当か

  • numeric_min, numeric_max
    数値の場合の最大値と最小値

  • valid_string
    「アルファベットのみ」「数字のみ」など、文字種を指定できる

といった具合。詳しい使い方などはこちら。

非常に素敵なフレームワークです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。