Codaと一緒に使いたい、Web制作が捗る OS Xアプリ

Codaは、Webの統合開発環境として、次のような様々な機能を提供してくれます。

  • FTPクライアント
  • リファレンス
  • クリップ
  • Gitクライアント
  • MySQLクライアント

これらがセットで利用できるので非常に便利。ただ、いずれの機能もやはり使いこなすうちに物足りなくなります。

そこで、そんなときに使える、代替ソフトを紹介します。

Transmit

Transmit

Codaで設定できるFTPホストは1つだけ。テストサーバーと本番サーバーがある場合などは、足りません。

また、若干 CodaのFTPは不安定で、大量のファイルの転送時にうまくいかないこともあります。

そんな時は、Codaと同じ Panic社の「Transmit」が便利。Codaから接続情報をインポートすることもでき、また、サーバー同士でファイルを転送したり、差分アップ、ディスクマウントでHDDと同じ感覚でFTPを利用できる機能などが揃っています。

Dash

Dash

リファレンスアプリという、変わったカテゴリーのアプリです。リファレンスが検索できるだけという、一見必要性を感じないアプリですが、一度使うと手放せなくなります。

2,000円ですが、その価値は十分にあります。Codaにショートカット(Control+H)を割り当てることもできます。

TextExpander

Text Expander

OS Xを利用するなら欠かせない、スニペットアプリ。面倒な記述に自由にショートコードを割り当てて、どんなソフトでも展開することができます。

HTMLなど、一般的な書式のものはコード集が公開されています。

SouceTree

SourceTree

Gitクライアント。無償のアプリなのに、有料のものよりも使いやすく、高機能です。Gitを利用するにはなくてはならないソフトと言えるでしょう。

Squel Pro

Squel Pro

MySQL管理ソフト。MySQLの管理と言えば「phpMyAdmin」が一般的ですが、一度これを使うと手放せなくなります。

MySQLをまるで、Excelなどのように自在に使えるようになります。

[番外編] Alfred

Alfred

Codaの機能とは関係ありませんが、Alfredというランチャーアプリも非常に便利です。上記で紹介した各アプリを、キーボード操作だけで立ち上げることができたり、クリップボード履歴機能が搭載されていたり。

また、「ワークフロー」と呼ばれる拡張機能をインストールすることで、さらにさまざまな機能を付け足すことができます。例えば alfred-dash-workflow をインストールすれば、Alfred上で以下のような検索で、一発で Dashを呼び出すことができるようになります。

Dashで検索


以上、Codaの各機能に物足りなくなったときの代替ソフトを紹介しました。ぜひ、よりよいWebサイト開発環境を整えていきましょう。

そんな Codaの入門書籍は、ただいま 500円に値下げをしております(6/16まで)。
もうすぐ、Coda 2.5が発売されるようなので、ぜひこの機会にお求め頂けると幸いです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。