WordPressで全ページSSL化するなら、「設定→一般」で変更+WordPress HTTPS

【23:14追記】WordPress HTTPSのプラグインの紹介を追記しました。

Googleが、WebサイトのHTTPS接続を推奨すると発表しました。

すでに証明書を取得していて、問い合わせ画面などだけをSSL対応にしているなら、全ページをSSL化にしてしまっても良いでしょう。

WordPressで運営しているWebサイトの場合、「設定→一般」の「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」をそれぞれ変更すれば、HTTPS接続にする事ができます。

2014-08-08_15-24-39

ただ、これだけだと直に「http://」というアドレスでログインしたユーザーなどには、そのまま非SSLの状態で表示されてしまうため、次のプラグインなども合わせて利用すると良いでしょう。

インストールして、設定画面を開いたら一番下の「URL Filters」でサイトのルートを指定します。

対象URLの指定

Comments

comments

“WordPressで全ページSSL化するなら、「設定→一般」で変更+WordPress HTTPS” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA