Surface Bookが 4Kディスプレイ EV3237に接続できないときの対処法

Surface Bookを購入し、EIZOの 4Kディスプレイ『EV3237』に接続しようとしたところ、画面が正常に表示されないという現象が発生しました。
現象と対処方法は次の通り。

現象

ディスプレイケーブルを接続すると、ディスプレイ自体は認識されるものの、解像度の選択ドロップダウンが選べず、映像も映りません。「複製」などをすると、本体側の画面も真っ暗になってしまいます。

ケーブルが断線しているのかなどを疑いましたが、PbyPの表示にして縦半分だけの表示にすると、正常に表示されるという謎の現象だったため、ハード的な原因ではなさそうでした。

EIZOサポートセンターからのアドバイス

上記の症状をEIZOのサポートセンターに問い合わせたところ、以下の対象法をお知らせいただきました。

DP HPD controlの ON

  1. 電源をいったん切る
  2. 一番左のボタンを押しながら電源ボタンを2秒押し、Administrator Settingsメニューを出す
  3. 「DP HPD control」を選んで、Enterを押し、onに切り替える

ただ、この設定は筆者の場合ははじめからonになっていたため、原因ではなかったようです。

DisplayPort規格を1.1に

  1. 上記と同様の手順で、Administrator Settingsメニューを出す
  2. Surface Proを接続している Display Portのポート番号を選んで、バージョンを 1.2から 1.1に変更する

この手順で、正常に表示されるようになりました。どうやら、接続する規格が合っていなかったようです。ただし、規格を1.1にした場合は、リフレッシュレートが 4K/60Hzから、30Hzに減ってしまうとのことです。

使えるようになってよかったです。

Comments

comments