Windows 10 で Vagrantが落ちる原因は、Hyper-Vだった

Windows 10(Anniversary Update済み)の環境で、Vagrantの構築を行なっていたのですが、途中で Windowsが落ちる。いわゆるブルースクリーンになって、QRコードが表示されてしまいました。

VirtualBoxのバージョンを落としたり、あれこれ手を尽くしてみたのですが、不意に得た情報で「Hyper-V」とぶつかっていることが原因でした。

Hyper-Vは、Microsoft謹製の仮想環境ソフトで、Windowsも 7以降くらいからは標準でインストールされています。しかし、仮想環境ソフト同士は相性が悪く、ここに VirtualBoxをインストールするとぶつかってしまうようです。

Hyper-Vを無効にする方法は次の通り。

  1. スタートボタンの右クリックなどから「プログラムと機能」を起動
  2. 左側のメニューの「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択
  3. Hyper-Vを探して、チェックボックスのチェックを外す

Hyper-Vの無効化

これで、Windowsを再起動すれば OK。無事に起動しました。Vagrantについては、次の記事なども参考にしてください。

Comments

comments